徳島に3拠点!債務整理(任意整理)のことなら債務整理相談センター(徳島)へ!

債務整理相談センター(徳島)

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

徳島市内を中心に、県西部(鴨島事務所)・県南部(海南事務所)に支所を設けており、
徳島県全域で対応可能です。

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905 徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅徒歩10分!
〒776-0005 徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F

お電話での債務整理相談はこちら
0120-062-019
受付時間
平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

トップ画
債務整理無料相談バナー

「破産をしないで支払っていきたい」方はご覧下さい!

毎月のカードの返済。返済が苦しい場合には、債務整理の無料相談を受けましょう。

債務整理相談センター(徳島)のHPをご覧頂き有難うございます。

当センターでは、クレジットカードや銀行のカードローンなどで借金を抱えてしまった方へ、「破産をしないで解決する方法」をアドバイスしております。

「破産せずに払える限り支払っていきたい…」
「家族に秘密なので破産しないで支払いを続けたい」

このような場合には、債務整理(さいむせいり)の一つである任意整理(にんにせいり)という方法で、〝家族には内緒で〟〝おおごとにはならずに(裁判所を使わずに)〟借金の支払いに目途をつけることができるようになります。

任意整理は、まだ軽い症状の人なら誰でも行なっていける、今主流の借金整理(債務整理)の方法で、日本全国で低くみても5万人以上もの人が1年の間に利用されている手続きなのです。

カードの支払いで行き詰まってしまった場合は、まず任意整理を検討してみましょう。
任意整理では支払いが難しい…そうなった場合に検討するのが自己破産です。


 

破産しないでも返済できる!任意整理の特徴とは?
  • 利息やリボ手数料の支払いが0に。自分で支払うより返済金額が減る
  • 家族や職場に借金を秘密の人でも大丈夫誰にも知られずに任意整理OK!
  • キャッシングやカードローン以外に、ショッピングも任意整理の対象に
  • 車のローンや住宅ローンに影響を出さずにカードの借金だけ任意整理OK!
  • 今月の支払いができない、支払いを滞納している場合でも任意整理OK
  • 任意整理は面倒なことなし。手続き申込み後はメールだけで進められる

債務整理(任意整理)を行なったご依頼人の声をご紹介!

「今月の支払いができない…」
任意整理で支払いが止まった!

徳島県徳島市 Yさん(48歳)
主婦

クレジットカードやら銀行のカードローンで我が家の家計は火の車…もう払えないと思いこちらに相談した次第です。

今月の支払いができなくて家族にバレないか不安でしたが、
すぐに支払いを止めてもらえて一安心。

お早い対応に感激しました。

任意整理をもっと早く知れていれば…と反省ですが、先生のお力を借りて頑張って払っていきます。

「持ち家と車を残したい…」
自宅・車を残して任意整理!

徳島県徳島市 Sさん(52歳
年配のサラリーマン

親父から相続した先祖代々の家があるので破産するわけにはいかなかった。

先生から任意整理という方法なら家を残せるし、近所にも100%バレないと教えてもらい決心。車を残せるのも大きかった。

500万もあるので、任意整理しても楽ではないですが、頑張ればなんとかなりそうです。こちらに出会えて先が見えるようになり、本当に感謝してます。

「債務整理の費用が心配…」
分割でカードと被らず安心!

徳島県阿南市 Wさん 33歳
若いOL

東京の事務所にも相談してたものの対応が悪く、徳島県で唯一任意整理が強そうなところがここでした。

スタッフさんも多く、メールでも素早い対応をしてもらえ、大変安心できました。

カードの支払いと債務整理費用が重ならなかったのと、分割払いに対応してもらえスムーズに進められました。費用が払えるか心配だったので本当に助かりました。

「利息の支払いが大きかった」
予想通りの結果に満足!

徳島県鳴門市 Nさん 40歳
若いサラリーマン

ギャンブルや買物の借金も任意整理できるか心配でしたが、予定通りの結果に満足です。

利息の支払いがこんなに大きかったんだな…と恐怖しかありません。もう二度と借金はしたくない。お借りしたものはきっちり返して、完済したらカードに頼らない普通の生活を送ります。

まだまだ完済までお世話になります。
宜しくお願いします。

《債務整理の対応エリア》
徳島県全域(徳島市・
阿南市鳴門市・吉野川市・小松島市)

任意整理をすると毎月の返済はどのくらい変わるの…?

債務整理(任意整理)の最大の特徴は「自分で支払うより支払い総額が減る」こと。

「自分で支払った場合と任意整理の違いは…?」

「任意整理をすると借金はどれぐらい減るの…?」

それでは、債務整理の一つである任意整理を行った場合にどんなメリットがあるのか、自分でこのまま支払っていった場合とどう変わるのか、実際に確認してみましょう。

任意整理をした場合の大きな効果は、ずばり「利息やリボ払いの手数料が0になる」ことです。これは、ショッピング(お買い物)の手数料であっても一緒です。

当センターにご相談にいらっしゃるみなさんは、自分の支払っている利息がどのくらいになっているか、ほぼ95%近くの人は把握しておりません。もしかしたら、あなたも自分の支払っている利息やお買物手数料にどれだけのお金を支払っているか把握してないのでは?

下の図を見てみましょう。
あるご相談者の「自分で支払っていた頃」と「任意整理を行った」場合の比較です。

自分で支払っていた場合(任意整理をする前)は…?

  借金 毎月の返済額 金利 毎月の利息・手数料の金額
Aクレジットへの返済 110万 32,000円 15% 約1万4,000円
Bクレジットへの返済 70万 23,000円 15% 約9,000円
Cサラ金会社への返済 50万 12,000円 18% 約6,000円
D銀行への返済 50万 10,000円 13% 約5,000円

Aクレジットには32,000円の内、リボ手数料やキャッシングの利息で1万4,000円を支払い、元金(借りたお金)自体には1万8,000円が返済にあたっていた状況。
Bクレジットは23,000円の内、利息・リボ手数料で9,000円が元金に1万4,000円の返済。
Cサラ金には12,000円の内、利息で6,000円・元金に6,000円の返済。
D銀行には
10,000円の内、利息で5,000円・元金に5,000円の返済。
という状況です。
つまり、
毎月87,000円を返済していても、3万9,000円は利息や手数料の支払いです。
あなたが一生懸命返済をしても、なかなか借金が減らないのはこの「利息・手数料の支払いが大きいこと」が原因なのです。

任意整理をして利息・手数料の支払いがなくなると…?

  借金 毎月の返済額 金利 毎月の利息・手数料
Aクレジットへの返済 110万 18,000円 0%に 0円
Bクレジットへの返済 70万 10,000円 0%に 0円
Cサラ金会社への返済 50万 8,000円 0%に 0円
D銀行への返済 50万 8,000円 0%に 0円

任意整理を行なったことで、金利(キャッシングの利息やショッピングのリボ手数料)は全て0%に。
その結果、利息や手数料の支払いが1円も無くなりました。利息や手数料の支払いが無くなったことで、自分で返済するよりも毎月39,000円も支払いが減額になりました。

支払う金額が減るということは、月々の返済額も抑えられるようになります。
自分で返済されていたときは87,000円だったのが44,000円まで下がるようになりました。

債務整理(任意整理)の実際の手続き事例をご紹介

債務整理相談センター(徳島)で実際に債務整理(任意整理)を行なわれた方の手続きの事例をご紹介致します。

5社・370万円の借金を債務整理(任意整理)した場合

徳島県徳島市Uさんの債務整理事例

Uさんは百貨店勤務。以前は普通の生活をされていましたが、家と職場の往復の毎日にストレスを感じ、お買物で散財。あっという間に借金は370万円になりました。

「最近はカードの支払いをすると給料がほとんど無くなってしまうので、ショッピング枠で生活していた」
という状況。債務整理(任意整理)をして普通の生活に戻りたい…という希望を受け、着手を開始しました。

各カード会社からの借金の状況

・楽天カード(キャッシング48万円・ショッピング60万円の支払いあり)
・クレディセゾン(キャッシング17万円・ショッピング40万円の支払いあり)
・新生銀行(カードローン50万円の支払いあり)
・三菱UFJニコス(キャッシング37万円・ショッピング68万円の支払いあり)
・楽天銀行(カードローン50万円の支払いあり)

債務整理(任意整理)をしたら?

債務整理(任意整理)をする前は、毎月12万円~16万円(ショッピングにより変動)を支払っていましたが、債務整理(任意整理)を行なって返済額は毎月5万8000円に。約半分ほどの返済まで落ち着きました。Uさんの場合には、1年間で50万円ほどの利息やリボ手数料が発生していましたが、この支払いも0にすることに成功。毎月5万8000円を64ヶ月(5年4ヶ月)支払えば完済ということになりました。

7社・550万円の借金を債務整理(任意整理)した場合

徳島県徳島市Oさんの債務整理事例

Oさんは自営業。子供にお金がかかっていたり、足りない生活費や自営に必要な資金などを、あまり考えずにすぐにカードを使ってしまっていたということでした。

すぐに借金は400万円を突破。この頃になると、カードの返済自体がきつくなり、そのためにもカードを使うという悪循環になっていたようです。

「このままでは破産しなければいけなくなってしまう。
なんとかそうなる前に手を打ちたい。」
とOさんから相談がありました。

各カード会社からの借金の状況

・JCBカード(キャッシング41万円・ショッピング46万円の支払いあり)
・ゆめカード(キャッシング15万円・ショッピング38万円の支払いあり
・オリックス(キャッシング28万円・ショッピング25万円)
・楽天カード(キャッシング55万円・ショッピング82万円)

・SMBCコンシューマー(キャッシング70万円の支払いあり)
・アコム(キャッシング100万円の支払いあり)
・徳島銀行(カードローン50万円の支払いあり)

債務整理(任意整理)をしたら?

債務整理(任意整理)前は、毎月22万円(ショッピングにより変動)もの返済になっていたOさん。債務整理(任意整理)を行ない返済額は毎月9万円に。任意整理で支払える金額は10万円までということだったので、ギリギリ任意整理できたという感じでした。Oさんの場合には、1年間で75万円ほどの利息やリボ手数料が発生していましたが、この支払いも0にすることに成功。毎月9万円を62ヶ月(5年2ヶ月)支払えば完済というかたちで任意整理がまとまりました。

債務整理の費用は分割払い!カード返済とは重ならない!

債務整理費用が安心して支払える仕組みを確認してみよう!
  • 相談料は全て無料。メール相談も電話相談も費用は発生しません。
  • ご依頼申込時に発生する費用はありません。費用を用意して依頼する必要はありません。
  • 費用の支払いは分割払いです。3ヶ月~4ヶ月ほどで清算頂くのが一般的です。
  • 任意整理の依頼を行なうと、現在のカードの支払いは全て停止します。
  • 債務整理費用の支払い終了後、任意整理の返済へ。両社がかぶることは原則ありません。

「カードの返済だけでもきついのに債務整理の費用なんて一緒に払えないよ…」

これが、みなさんが債務整理の費用に抱くイメージではないでしょうか?
結論から言ってこの考え方は、全く違います。

債務整理はお金に苦しんでいる状況をさらに悪化させるものではありません。
手続きを行なう以上、費用というものはどうしても発生しますが、その支払い方法に特徴があります。「現在のカードの返済」や「任意整理の返済」とは重複しません。
つまり、任意整理の手続き開始→現在のカードの支払いがストップ→債務整理費用の支払い開始→債務整理費用の支払い完了→任意整理の返済スタートとなるわけです。

債務整理(任意整理)のデメリットは…?

債務整理の費用

債務整理(任意整理)のデメリットがブラックリスト(信用情報に事故登録)です。

債務整理(任意整理)も良いことばかりではありません。

デメリットとして、「信用情報に事故登録される」というデメリットがあります。これは、ブラックリストとも言われており、以下のようなデメリットがあるので、予め家訓インしておきましょう。

なお、このデメリットは一生というわけではありません。
しかし、任意整理を行なってから5年~10年はこのようなデメリットが続くかもしれないと思っていた方が良いでしょう。

ブラックリストにはどんなデメリットが…?
  • クレジットカードが使えなくなる。
  • 銀行のローンを利用できなくなる。
  • 消費者金融のカードを利用できなくなる。
  • 保証人になることができなくなる。
  • 保証会社の審査に通りにくくなる。
  • 携帯電話の機種変更時に本体代金は一括購入になる。
カードがこれ以上作れなければブラックと一緒!

ブラックリストになるのが嫌で任意整理を望まないースがありますが、一つの目安として、あなたのカードの借入状況が既に月給の10倍以上ある場合には、実質的にブラックかもしれません。

カード会社や銀行がお金を貸す場合には、「あなたがちゃんと支払っていけるか?」ということを審査しています。この時に、月給の10倍ほどの借金がある場合には、「これ以上お金を貸しても返すことができないのでは?」と相手側は思うからです。

このような場合には、ブラックリストでなくても、「実質的にブラック」というわけです。

ブラックリストを気にしすぎると任意整理ができなくなってしまうことも…

ブラックリストになるのが嫌で任意整理を延ばし延ばしにしている内に、そもそも任意整理ができなくなってしまったというケースもあるので注意しましょう。
例えば、300万円の借金の段階で一度任意整理を検討したHさん。このときは任意整理での月額返済額は5万円で済んだのに、ブラックを懸念したHさんは3年後に500万円の借金になってしまいようやく任意整理を進める決意をしました。

しかし、500万円では任意整理した場合の月の返済額は8万円ほど。毎月5万円の支払いが限界のHさんは任意整理することができず自己破産を行いました。このように、タイミングを逃してしまうと、任意整理すらできないというこということになってしまうので注意しましょう。

債務整理相談センター(徳島)が選ばれる理由!

債務整理相談センター(徳島)が、債務整理でご相談者に選ばれている5つの理由(特徴)をご紹介いたします。

債務整理の相談は無料

相談料・初期費用は全て0円

債務整理相談センター(徳島)では、債務整理の無料相談は無料で行なっております。また、お手続きを希望の場合にも初期費用(依頼時にお支払いの費用)は不要です。

カードのお支払いに困っている方がすぐに債務整理をスタートできるよう配慮しております。

繰り返しますが、債務整理の相談は本当に無料です。
一人で悩まずに、まずは気楽に相談して下さい。
こうしたカード返済の問題はスピードが命です。

督促・支払いを即日ストップ

費用は分割・後払いでOK!

債務整理を検討する上で「債務整理の費用が心配…」というのは、依頼を検討されている方であれば誰もが思うものです。こうした不安に長年寄り添っていたからこそ、みなさんが円滑に任意整理ができるような方法があります。

それは〝費用の支払いとカードの支払いがかぶらない〟
という方法です。
そして、任意整理の費用を分割払いにすることで、どなたでも費用の心配なく任意整理ができるようになります。

この費用の支払方法は分かりにくいと思います。
無料相談の段階で事前にしっかりお話ししていきますので、費用の心配はそこで解消しましょう。

債務整理の相談

家族・会社に秘密でできる!

カードの借金を抱えていることを家族に秘密…というケースは、依頼人のほとんどが該当します。債務整理(任意整理)では家族に秘密で進めることは全く問題はありません。

自宅への郵送物を無くしたり(こちらまで取りにいらっしゃる)、連絡は最小限にしてメールで必要事項をお伝えしたり(電話は必要なときに依頼人側からおかけ頂く)などの対応を行うことで、家屋に秘密で任意整理を行なっている方はたくさんいます。

また、カード会社からも一切の連絡がいかないように対処をしていきますので、カード会社から債務整理の件であなたに連絡があるということもないので安心して下さい。

債務整理を家族や職場に秘密

支払いをすぐにSTOP!

債務整理の特徴として、手続きをスタートさせると、
「現在のカードの支払いがいったん止まる」
という特徴があります。

債務整理は〝現在の支払方法を見直す〟というかたちをとるため、債務整理のスタートと同時に現在の支払いはいったん白紙にします。

債務整理で新しい支払方法が決まるまではカードの支払いが止まりますので、「今月の支払いができない」「来月の支払いができない」という場合でも、問題なく対処ができるというわけです。

支払いをしないとカード会社から連絡が来るのでは?と不安な方もご安心を。
債務整理をするとカードの支払いがいったん止まるというのは、カード会社も理解していることです。
そのため、もし督促の通知や連絡などが今ある場合であっても、これらの督促も止まるようになります。

神戸駅から徒歩3分

相談先は徳島県に3拠点!

当センターは徳島県に3拠点あります。徳島県内には、徳島市(本店)・吉野川市(鴨島事務所)・海部郡(海南事務所)の3拠点、に相談先を構えております。

徳島県徳島市東大工町1丁目19番地
(JR徳島駅から徒歩8分)

・徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485-1税理士法人アクシス川人税理士事務所
JR徳島線 鴨島駅より徒歩9分
・徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36-2
(JR牟岐線線 阿波海南駅より徒歩5分)

徳島県・兵庫県の方はもとより、他四国エリアからもご相談を受け付けております。
お電話・メールでお問合せの上、お気軽にご来所下さい。

債務整理(任意整理)の手続きの流れ

債務整理(任意整理・個人再生・自己破産)の無料相談から手続き完了までの流れをご紹介します。

電話する男性

無料相談(メール・電話)

まずは、お電話または無料相談フォームよりお気軽にお問い合わせください。

『なかなか相談がしにくい…』
『弁護士事務所は敷居が高く感じる』
といったみなさんの気持ちは、今までのご相談の経験からよく分かっています。

緊張されずに、「債務整理の無料相談を希望」とお伝えいただければ大丈夫です。

書類送付

無料相談(面談)

お電話やメールでのやり取りの後、当事務所にご来所頂き、面談を行わせて頂きます。現在の借金状況を整理する必要がありますので、

どこから(クレジット会社・銀行名など)
いつ頃から(カードを利用している年数)
いくら(お買い物分も含め総額いくら借金があるか)
をWEB明細や請求書などからご確認ください。

・返済をできるだけ少なくしたい
・家族に絶対にバレないようにしたい
・自宅を残せる方法にしたい
・車のローンはそのままにしたい

など、あなたのご希望を伺って、最適な債務整理を一緒に模索していきます。

契約

任意整理のご依頼へ

お話した内容(債務整理の種類・費用・期間)に納得いただけましたら、ご依頼の手続きに移っていきます。
債務整理を依頼するための委任状や関係書類にご署名・ご捺印をいただき債務整理のご依頼は完了です。

債務整理相談センター(徳島)では、相談無料・着手金無料です。
ご依頼時に発生する費用は1円もありませんので、費用のご持参は不要です。

債務整理の費用は契約時にしっかりとご説明し、費用の内訳が記載された委任契約書というものもお渡しします。債務整理の費用がご心配な方も安心なさってください。

書類送付

手続き開始(支払いストップ)

債務整理をご依頼頂きましたら、まずは対象の借入先へ受任通知(介入通知)を送ります。受任通知とは、「弁護士があなたの債務整理の代理人になった」ということを知らせるものです。

受任通知を送ることで、
・支払いが遅れている方は、督促や請求がストップ
・カードの支払いがいったん全てストップ
・借入先からの連絡は全て弁護士のもとへいくようになる

などの効果が発生するようになります。

引き直し計算

債権調査&費用のお支払期間へ

債務整理をするには、あなたに総額いくらの借金があるか確定しなければなりません。そのため、まずは、カード会社から取引明細を全て取り寄せ、また、追加売上げなどを確定させていきます。このように、借金額を確定していく作業を「債権調査(さいけんちょうさ)」と言います。

また、取引明細から『払いすぎたお金(過払い金)』がある場合には、この調査も一緒に行っていきます。過払い金は、平成19年以前からキャッシングを利用されていた場合で、20%以上の高金利で返済をしていた場合に対象となります。

この過払い金の調査も当センターで無料で行っております。

弁護士

各社と任意整理の和解へ

■任意整理の場合
・今後の支払いの利息(将来利息)のカット
・毎月の支払金額の減額

■個人再生・自己破産の場合
裁判所に申し立てを行い、必要書類を提出することで認可してもらいます。

振込

債務整理(任意整理)手続き完了

■任意整理の場合
カード会社と和解した条件で支払いがスタートします。

個人再生の場合
裁判所に認められた金額で支払いがスタートします。

■自己破産の場合
支払い義務がなくなります。

債務整理(任意整理)についてよくあるご質問

任意整理するとどのくらいの支払いになるかすぐに分かりますか?

債務整理(任意整理)をしてどのくらいの効果があるか?
毎月の支払いがどう変わるか(どのくらい下がるか)?
は、任意整理診断を行えばすぐにアドバイス可能です。

《利用しているカード会社》《カードを利用しているざっくりの年数》《支払い残額(借りているお金・お買い物で利用したお金の総額)》などをが分かれば、債務整理(任意整理)をする前でも、経験上からどのような効果があるかはお知らせすることが可能です。

任意整理の手続きができない場合にはどうなりますか?

任意整理の手続きができない場合には、個人再生や自己破産といった手続きを検討する必要があります。任意整理ができないからといって、なにも対策の打ちようがないということはありませんので、ご安心ください。

債務整理をすると銀行口座に影響はありますか?

債務整理をしても基本的に銀行口座には影響はありません。ただし、銀行のカードローンに債務整理を行うと、その銀行の口座は一時凍結し、使用できなくなることもあるので注意しましょう。(例えば、徳島銀行・三菱UFJ銀行・徳島信用金庫の3つの銀行口座を持っているYさんが、三菱UFJ銀行のカードローンに債務整理を行った場合、三菱口座は凍結しますが、徳島銀行・徳島信用金庫の口座には何も影響はないため、債務整理前と同様に使用を継続することができます)

任意整理をすると妻(夫)や子供になにか影響はありますか?

任意整理をしても、家族には何も影響はありません。そのため、任意整理をしても「夫(妻)の仕事になにかデメリットが発生する」「夫(妻)のカードの信用が落ちる」「子供の学校に通知が入る」などこのようなことは一切発生しません。

影響がある場合は1点だけ。家族カードを使用しており、あなたが親カードの場合、親カードに債務整理を行うと子カードは使用できなくなるので注意が必要です。子カードが使えなくなると、債務整理をしたことが家族にバレてしまう…などの場合には、影響のないカードだけに任意整理を行い、この親カードには任意整理を行わないということで対策が可能です。

任意整理の手続きは最短どのくらいで始められますか?

最短で即日で可能です。任意整理の手続きは、カード会社に介入通知(受任通知)を送ることでスタートします。この介入通知が相手に到着した時点から、任意整理の効果は発生します。

この通知はFAXで送ることも可能ですので、最短で即日で任意整理がスタートし、今月の支払いなどは白紙になります(任意整理に入ったので、今月の支払いは延期になります)。支払いが遅れて連絡や督促が来ている方の場合には、当センターの司法書士事務所へその連絡が入るようになり、あなたへの連絡や督促は止まる仕組みです。

債務整理(任意整理)の無料相談実施中!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-062-019

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

債務整理相談センター(徳島)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-062-019

メニュー

司法書士法人小笠原合同事務所

事務所
お電話でのお問い合わせ
0120-062-019
メールでのお問い合わせ
住所

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅から徒歩10分!
〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来宇宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1階