徳島に3拠点!債務整理(任意整理)のことなら債務整理相談センター(徳島)へ!

債務整理相談センター(徳島)

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

徳島市内を中心に、県西部(鴨島事務所)・県南部(海南事務所)に支所を設けており、
徳島県全域で対応可能です。

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905 徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅徒歩10分!
〒776-0005 徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F

お電話での債務整理相談はこちら
0120-062-019
受付時間
平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

自己破産のデメリットとは?メリットと比較検証

弁護士とパラリーガル

「自己破産をしたらどんなデメリットがある?」
「自己破産するメリットはあるのだろうか」

自己破産はイメージが悪く、デメリットばかり気になる人が多いことでしょう。

ですが、自己破産することのデメリットは、実はそれほど大きくなかったりするのです。

今回は自己破産することのデメリットとメリットを解説しています。

債務整理無料相談バナー

自己破産のデメリットは?噂の真偽を検証

自己破産は借金をゼロにする代わりに、いろいろなデメリットがあります。

自己破産に関してはさまざまな噂があり、中には真実とは違うウソの話もあるのです。

まずはウソの噂について解説していきます。

選挙権がなくなってしまう?

自己破産をしても選挙権などの公民権がなくなることはありません。

選挙に投票することはもちろん、被選挙権もなくなりませんので、選挙に出ることも可能です。

 

パスポートが取れず海外旅行に行けない?

パスポートは一部犯罪歴などがある人は取得を制限されることがあります。

ですが、自己破産は犯罪ではありませんので、パスポートを取得するとこも更新することも可能。

ただ、自己破産の管財事件となった場合に、手続き期間中のみ長期間居住地を離れることが制限されています。

そのため、手続きが完了するまでの半年~1年は海外旅行にも長期の国内旅行も制限されるのです。

ただ、この場合も裁判所の許可を得れば旅行はできますし、実際は自己破産手続きをしている時はお金にも余裕がはずですから、仕事で出張すること以外に旅行する人はまずいません。

ギャンブルや浪費が理由の借金は自己破産が絶対にできない?

確かにギャンブルでの借金は免責不許可事由にあたるため、原則として自己破産は認められません。

ですが、実際にギャンブルや浪費で借金が膨れ上がってしまった人は非常に多いです。

そして、どこまでがギャンブルや浪費による借金なのかも判断は難しいでしょう。

ギャンブルや浪費が原因のため自己破産できないとなれば、本来の救済の目的は果たされません。

自己破産には裁量免責という裁判官の判断で自己破産を認めるケースもあります。

そのため、よほどの悪質でない限りはギャンブルや浪費で借金を作ったとしても自己破産できることが多いです。

自己破産したら会社を解雇されてしまう?

自己破産のイメージはどうしても悪いものです。

実際に、会社に自己破産したことがバレてしまうと、解雇されてしまうのでは、と不安に思う人もいることでしょう。

そうしたことから、「自己破産で解雇された人がいる」、などとウソの噂がたっています。

もちろん、自己破産をしても会社に解雇されることはありません。

そもそも会社にバレることも少ないですし、自己破産を理由に解雇するのは不当解雇になります。

自己破産をしてもしっかり働いているなら、問題ないでしょう。

自己破産の実際のデメリットとは?

では自己破産することでの実際のデメリットを見ていきましょう。

財産を処分されてしまう

一番大きなデメリットは、財産を没収されてしまうことです。

マイホームがある人は、住宅ローンの有無に関わらず手放さなければいけません。

ただ、噂されるデメリットには『すべての財産が没収される』といわれますが、実際は一部の現金を含め自由財産といわれる財産は残すことができるので、すべての財産がなくなるわけではないのです。

保証人に迷惑をかけてしまう

もう一つのデメリットは保証人に迷惑をかけてしまうことです。

自己破産はすべての借金がゼロになるのですが、保証人付きの借金に関しては、返済はそのまま保証人に請求されます。

しかもその場合は一括返済になることがほとんどです。そのため、保証人によっては一括返済できず、家や車を売却したり、時には自己破産したりしなければいけなくなることもあるでしょう。

保証人は信頼できる相手でなければなってもらえません。

そういった意味では、自己破産をすると自分を信頼して保証人になってくれた人を裏切る形になり、大きなデメリットとなるのです。

一定期間、一部の仕事に就けなくなる

自己破産に関する噂には『自己破産したら公務員になれない、子供も職業を制限されてしまう』などという話もあります。

これについては間違った情報です。この噂の発端にあるのが、このデメリットでしょう。

自己破産をすると、一定期間特定の職業に就くことができません(職業上の欠格事由)。対象となる職業としては以下の通りです。

  • 弁護士
  • 司法書士
  • 公認会計士
  • 税理士
  • 不動産鑑定士
  • 宅地建物取扱主任者
  • 警備員

ただ、これもあくまで一定期間です。

その期間とは破産手続きの期間中のみであり、自己破産の手続きは半年~1年くらいかかるので、その期間のみこれらの職業に就けません。

ただ、その期間が過ぎれば同じようにこの職業に就くことができます。

ですので、公務員にもなれますし、ましてや子供の職業に悪影響を与えることなどありません。

当分の間、借金ができない・クレジットカードが持てない

自己破産すると信用情報機関に事故情報として載ってしまいます。

俗にいう『ブラックリストに載る』ということです。

金融機関への借金の申し込みや、クレジットカードを申し込みでは金融機関やカード会社がその人の信用情報をチェックします。

そこでブラックリストに載っているのがわかれば、審査で落ちてしまいます。

自己破産をするとブラックリストに載るわけですから、その期間の借金はできませんし、クレジットカードを持つこともできません。

自己破産に関しての噂では『一生借金ができない、クレジットカードを持てない』といわれますが、これも嘘です。

あくまでブラックリストに載っている期間は、自己破産の場合はおよそ5~10年ですから、それが過ぎれば審査が通る可能性はあります。

ただ、借金を帳消しにした当該の金融機関やカード会社だと、自社にその情報が残っているため、審査で落ちてしまう可能性はあります。

それ以外の金融機関やカード会社なら、過去に自己破産をしたという理由で審査が落ちることはないです。

官報に載ってしまう

自己破産すると官報に手続き開始の時と決定の時の合計2回載ってしまいます。

官報とは国が発行する新聞のようなもので、そこに『この人は自己破産の手続きを開始(決定)しました』と名前と住所まで載るのです。

官報は一般人でも見ることができるので、周囲に内緒にしていたとしても官報を見て自己破産したことがバレてしまうリスクはゼロではありません。

とはいえ、官報は一般人が見ることはほとんどありませんし、たまたま見かけるなんてこともまずないでしょう。ですので、ゼロではないものの限りなくゼロに近いのです。

自己破産のデメリットよりもメリットのほうが大きい!?

自己破産することでのデメリットは噂されるほどではない、とはいうものの決して小さなことではないでしょう。

ただ実際はデメリットよりもメリットのほうが大きいと考えることもできます。

すべての借金がゼロになる

自己破産で一番大きいメリットはすべての借金がゼロになることでしょう。

財産が没収されるという大きなデメリットもありますが、そもそも自己破産を決意する人は、財産を処分しても完済できない状況にあります。

もし財産をすべて売却して完済できるのであれば、わざわざ自己破産などしなくてもいいのですから。

それどころか、自己破産をすれば、自由財産は残すことができますから、財産をすべて処分してしまうよりも良いでしょう。

そもそも、家や車などの財産がない人もいるでしょう。

その人からすれば財産の処分もほとんどなく、借金がゼロになるのですから、やはりメリットのほうが大きいです。

新しい生活をスタートできる

債務整理には自己破産の他に任意整理や個人再生という方法があります。

任意整理や個人再生は、返済が楽になるというメリットはありますが、手続きが終わっても返済が続き、完済してはじめて精神的にも苦しい生活からも解放されます。

ですが、自己破産は借金がゼロになるので手続きが終わった瞬間から新しい生活をスタートできます。

それどころか、司法書士などの専門家に自己破産を依頼し、債権者に受任通知を送った時点で、督促はストップされます。

自己破産する人は、督促の電話やハガキで精神的にも追い詰められているものです。

それが依頼したらすぐになくなるわけですから、その時点から精神的に解放される事でしょう。

およそ5~10年経過したら、本当に元の生活に戻れる

自己破産はいろいろなデメリットがありますから、できることなら手続きしたくないものです。

そのため、苦しくて精神的につらい日々を過ごしながら自己破産せずにがんばる人もいます。

もちろん本来なら、なんとしてでも借りたお金は返済しなければいけない、と思うのは素晴らしいことです。

ですが借金が多いとコツコツ返済してもなかなか先が見えないということでしょう。

10年間がんばり続けても、苦しい生活から抜け出せない人もいますし、それどころかますます状況が悪化している人もいます。

自己破産すると『ブラックリストに載ってしまう』というデメリットがありますが、これはおよそ5~10年経過したら消えるのです。

自己破産をして借金がなくなり、長くても10年経てばクレジットカードを持つことも借金をすることもできるようになります。

デメリットはいろいろありますが10年後にはブラックリストも消えている、ということを考えれば、これも自己破産することのメリットでしょう。

まとめ

研究
  • 自己破産しても選挙権もなくならないし、海外旅行にも行ける
  • 自己破産が理由で会社を解雇されるのは、不当解雇にあたる
  • 自己破産の最大のデメリットは、自由財産を除く財産が没収されること
  • 保証人付きの借金があれば、保証人に大きな迷惑をかけてしまう
  • 一部の職業に就けなくなるのは事実だが、あくまで手続き期間中のみ
  • 大きな財産がない、保証人付きの借金がなければ自己破産のデメリットは少ない
  • 自己破産のデメリットよりも、メリットの方が大きい

債務整理(任意整理)の無料相談実施中!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-062-019

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

債務整理相談センター(徳島)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-062-019

メニュー

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所ロゴ
お電話でのお問い合わせ
0120-062-019
メールでのお問い合わせ
住所

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅から徒歩10分!
〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来宇宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1階