徳島に3拠点!債務整理(任意整理)のことなら債務整理相談センター(徳島)へ!

債務整理相談センター(徳島)

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

徳島市内を中心に、県西部(鴨島事務所)・県南部(海南事務所)に支所を設けており、
徳島県全域で対応可能です。

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905 徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅徒歩10分!
〒776-0005 徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F

お電話での債務整理相談はこちら
0120-062-019
受付時間
平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

徳島で個人再生なら債務整理相談センター(徳島)へ

弁護士とパラリーガル

個人再生とは、住宅ローンが残っている家を残したまま、借金を約1/5に減額できる手続きです。

徳島にお住まいの方が個人再生を行うためには、徳島地方裁判所に申し立てを行い、認可してもらう必要があります。

お住まいの地域によって管轄は異なりますが、徳島市在住の方であれば徳島地方裁判所本庁となります。

  • 借金返済のために借金をしている…

  • 持ち家を絶対に失いたくない…

  • 個人再生を検討している…

  • 自分は個人再生できるのか知りたい…

  • 徳島で個人再生実績のある事務所に依頼したい…

このような方は、お気軽にご相談ください。

相談料は、電話・メール・対面の全てが無料となっております。

債務整理相談センター(徳島)では、個人再生の解決実績豊富な司法書士があなたの借金問題解決のために徹底サポートいたします。

徳島県で個人再生をお考えの方は債務整理相談センター(徳島)をご利用ください

債務整理相談センター(徳島)の概要

所在地

【本店】
〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

【鴨島事務所】
〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

【海南事務所】
〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F

電話番号 0120-062-019
営業時間 平日:9時~18時/土曜:9時~17時
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。
代表弁護士 小笠原 哲二
(徳島県司法書士会所属 登録番号 294号)
(徳島県行政書士会所属 登録番号 07370928号)

債務整理相談センター(徳島)の個人再生の費用

相談料・診断料 \0
個人再生手続き費用 \350,000~

お電話での無料相談はこちら

0120-062-019

個人再生とは!?徳島で新しい生活をスタートさせるには

徳島で借金の返済が苦しくなって借金や他の支払いを滞納している人、何とか滞納はしていないが先が見えなくて苦しい思いをしている人もいるのではないでしょうか。

着実に借金が減っている、数年後にはきっと生活が楽になるだろう、と先が見える状態ならいいですが、いつまでも元金が減らない、むしろほかに借金をしてしまい増える一方というケースもあるでしょう。

そんな時には債務整理も一つの選択肢にいれてみましょう。

債務整理というと、マイナスなイメージしかないかもしれませんが、決してそういうネガティブなことだけではありません。

新しい生活をスタートさせるための手段ですから、債務整理とはどんなものなのか、仕組みや特徴をよく知った上で検討してみましょう。

一口に債務整理といっても、「自己破産」「個人再生」「任意整理」「特定調停」といくつかの種類があり、その人の返済状況によって適した方法が異なります。

そこでこちらでは、個人再生とはどんなメリットがあるのか、どんな人に向いているのか、ほかの債務整理との比較も含め解説します。

個人再生のメリットとは①~借金を大幅に減額できる

債務整理方法のひとつである任意整理は、借金の利息分をカットして長期分割弁済を可能にする方法です。

そのため、元金だけはしっかりと返済してかなければいけません。

カードローンや消費者金融など金利が高い借金が多い人は利息カットだけでも毎月の返済額を大幅に減らすことができます。

ですが、金利が低く元金が高額になっている借金だと、任意整理しても効果が感じられないこともあるのです。

一方で個人再生とは、借金の元金そのものを5分の1〜10分の1まで減額できるので、間違いなく返済は楽になるはずです。きっと個人再生することで、苦しい借金の返済に追われる毎日から脱却できることでしょう。

個人再生のメリットとは②~財産を残すことができる

債務整理のなかには、借金をゼロにできる自己破産という方法があります。

「どうせ債務整理するなら、いっそのこと自己破産をして借金をゼロにしたほうがいいのでは?」と思う人も少なくありません。

ですが、自己破産をすると手続き開始時に所有している財産(自由財産を除く)を手放さなくてはならない場合があります。

マイホームは住宅ローンの有無に関わらず、ほぼ間違いなく手放さなければいけません。

一方で個人再生とは、借金を大幅に減らしながらも財産を残すことができる債務整理なのです。

住宅ローンが残っていても住宅資金特別条項(住宅ローン特則)を利用すれば、住宅ローンを除いた借金のみ減額できマイホームは残すこともできます。

家を没収されてしまうと、どうしても周囲には自己破産したことがバレてしまいますが、個人再生なら家を残せるので周囲にバレずに債務整理できるのもメリットでしょう。

個人再生のデメリットとは①~借金を選ぶことができない

任意整理は、対象となる借金を選択できます。どうせ任意整理するならすべての借金を減らしたいと思うでしょうが、保証人付きの借金だと、減額された分は保証人に請求が行くことになるのです。

またマイカーローンが残っていれば、車も引き上げられてしまいます。

任意整理とはこれらの借金を任意で除きながら債務整理ができる方法なのです。

一方、個人再生は住宅資金特別条項((住宅ローン特則))を利用した際の住宅ローンを除いて、すべての借金が対象となります。

保証人付きの借金やマイカーローンだけ除く、ということはできません。

個人再生のデメリットとは②~手続きが非常に面倒

個人再生の手続きは、裁判所に行ったりさまざまな書類を準備したりと、かなり大変なものです。

すべての借金に関わる書類はもちろん、給与明細や保険証券・解約返戻金証明書、裁判所から取り寄せて記入する申立書や陳述書、債務者一覧表などかなりの数があります。

さらに裁判所に足を運ぶ必要もありますし、本当に個人再生の手続きが終わるまで気の休まることはないでしょう。

また、自分で手続きするとなると、書類の作成や手続きに不備が出てくることもありますし、慣れないので相当な時間もかかってしまうでしょう。

そのため、個人再生するなら司法書士などの専門家に依頼するのが妥当です。

相談することで、少しでも早く新しい生活をスタートできるようになるでしょうし、今後の不安をきっと解消できるでしょう。

個人再生のデメリットとは③~官報に載ってしまう

債務整理の中で個人再生と自己破産は手続きをすることで官報に載ってしまうというデメリットがあります。

官報とは国が発行する新聞のようなものです。

行政機関が休みの日以外はほぼ毎日発行されており、購入すれば誰でも見ることができます。

この官報に載るということは『この人は個人再生をしました』と伝えているようなものです。

個人名だけでなく住所まで記載されているので、会社や知人に見られてしまえば個人再生したことがバレてしまいます。

しかも個人再生の場合は、個人再生の手続き開始の時、書面での決議の時、再生計画の認可が決定された時の合計3回官報に載ってしまうのです。

それが大きなデメリットと感じる人も少なくありません。

ただ、実際は会社や知人に官報を見られる可能性はほぼゼロに近いです。

それだけ官報は一般人が見るようなものではないからです。

徳島で個人再生の手続きをする裁判所と流れ

個人再生の手続きは地方裁判所に申し立てを行うことになります。

徳島で個人再生をする場合には、徳島地方裁判所本庁の他、阿南支部と美馬支部の3つの地方裁判所へ申し立てが必要です。

住んでいる地域によって管轄が違いますので、どこが管轄になっているのか確認してから申し立てすることが肝心です。

とはいえ、地方裁判所はそうそう何度も利用するものではありませんから、きっとどこが管轄かわからないでしょう。

以下では徳島の地方裁判所の住所と管轄している市町村を紹介しますので参考にしてみてください。

 

  • 徳島地方裁判所本庁…徳島県徳島市徳島一丁目5番地

管轄:徳島市・小松島市・阿波市・鳴門市・吉野川市・勝浦町・上勝町・石井町・神山町・北島町・藍住町・板野町・上板町・松茂町・佐那河内村

 

  • 徳島地方裁判所阿南支部…徳島県阿南市富岡町西池田口1番地1

管轄:阿南市・那賀町・牟岐町・海陽町・美波町

 

  • 徳島地方裁判所美馬支部…徳島県美馬市脇町大字脇町1229番地3

管轄:美馬市・みよし市・東みよし町・つるぎ町

徳島で個人再生する流れ

個人再生は自分でもできますが、それにはかなり面倒な手続きと書類の準備が必要になるので、ここでは司法書士などの専門家に依頼したとして、その流れを解説します。

徳島で個人再生する際のおおまかな流れとしては以下の通りです。

  1. 司法書士などが債権者に受任通知を送る
  2. 徳島地方裁判所(阿南支部・美馬支部を含む)に個人再生の申し立てが行われる
  3. 徳島地方裁判所が個人再生申し立て手続き開始を決定する
  4. 債権者が裁判所に債権の届け出をする
  5. 債権者一覧を提出し、異議を確認する
  6. 債権額が決定したら、今後の返済計画について再生計画案が定められる
  7. 再生計画をもとにして書面決議(給与取得者等再生手続の場合はなし)・意見聴取が行われる
  8. 徳島地方裁判所が再生計画の認可を決定する
  9. 決定した再生計画案にそって返済をしていく

このように、大まかな流れだけみてもこれだけ複雑な手続きが必要になります。

そして、その度にさまざまな書類の提出が必要になってくるのです。

ただ、実際はここまで詳しく覚えておく必要はありません。

なぜなら、弁護士や司法書士に依頼するなら、書類の作成や準備をしっかりサポートしてくれますし、次はどのようなことをするのかアドバイスも受けられるので、それに従っていけばいいでしょう。

逆に言えば、自分で個人再生するとなると、すべてを把握しておかなければいけないのでかなり大変な思いをするでしょう。

まずやるべきことは徳島で個人再生に慣れた専門家に相談すること

徳島で個人再生を検討している人のなかには、インターネットなどの情報を駆使して、個人再生とは自分に向いている方法なのか、ほかの債務整理とはどんな方法なのか考えている方もいらっしゃるでしょう。

ですが、いくら今は情報がすぐに入手できるとしても、網羅的かつ正確な知識を身につけるのは難しいもの。

実際に何から始めればいいのかわかりませんし、結局個人再生を躊躇してしまい、ずるずると状況が悪化してしまうこともあります。

そのため、一人でいろいろ勉強したり悩んだりするのではなく、まずは個人再生に慣れた司法書士などの専門家を探すところから始めましょう。

相談することで、自分に適した債務整理の方法がわかるでしょうし、借金によっては過払い金が発生していて債務整理せずに済む可能性だってあります。

専門家への相談は、現在の借金問題解決への近道と考え、気軽に相談をしてください。

司法書士などの専門家に個人再生を依頼すれば督促はストップする

個人再生を検討している人は、おそらく借金の支払いも滞ってしまっているのではないでしょうか。

支払いが滞ってしまうと、債権者からの督促の電話が頻繁にかかってきたり、たくさんのハガキが送られてきたりすることもあります。

それが数社となってしまうと、本当にひっきりなしに電話がかかってくるものです。

闇金でなければ、テレビドラマにあるようなヤクザまがいの人がしつこく取り立てに来るなんてことはありません。

たいていは「引き落としがされませんでしたが、いつごろ入金できるでしょうか」という感じですから、怖くはないでしょう。

ですが、それでも電話に出るのは嫌なものです。

電話に出なければ、毎日電話がかかってくる(1日何度もかけることは禁止されている)でしょうし、携帯電話が出なければ自宅の電話にもかかってくるでしょう。

そういった毎日を過ごすのは本当に苦痛です。

個人再生は専門家に依頼したとしてもすべての手続きが終わるまで半年近くはかかってしまいます。

自分で手続きすればさらに長期間にわたるのではないでしょうか。

その間は苦しい日々が続くのではと思うかもしれませんが、そんなことはありません。実は司法書士などの専門家へ正式に個人再生を依頼すると、専門家は債権者に受任通知を送り、それで督促はストップするのです。

これは法律で定められていることなので、嘘のようにパタッとストップします。もちろん手続きが完了し、残りの借金を返済して初めて新しい生活がスタートということになるでしょうが、実際は専門家に依頼するだけでも督促が来なくなるのですから、それだけで苦しい日々から脱却できるのです。

徳島で個人再生した後の生活とは

徳島裁判所から再生計画の認可決定が下されれば、それで個人再生の手続きがようやく終了します。

自己破産ならこれですべて借金がゼロになるので、そこから新しい生活がスタートになった感じがするでしょう。

ですが個人再生はすべての借金がゼロになるわけではありません。

減額になった借金を原則3年で返済する

まず、個人再生した後は減額になった借金を返済していくことになります。

個人再生とは5分の1〜10分の1まで借金を減らせる方法なので、ほとんどの人が返済は楽になるでしょう。そもそも、楽にならないようなら個人再生はおすすめしません。

個人再生した後は、再生計画に基づいて原則として3年間で返済することになります。

そのため3年間は必死に、かつ滞納することなく確実に返済していくようにしましょう。

たいていの人は無理なく返済できる額ですから、ギャンブルや浪費をしないで普通の生活をしていれば返済していけます。

借金が減ったからラッキー、と思って無駄使いなどしないようにしましょう。

ただ、中にはギャンブルや浪費などもせずに生活しているのに、病気や怪我などで働けなくなった、諸事情により仕事を辞めてしまったなんてこともあるかもしれません。

そんな特別な事情があるなら、プラス2年間で最長5年間までは返済を伸ばすこともできます。

ブラックリストが消えてはじめて新しい人生がスタート

減額した借金を返済したら、すべてが終わるというわけではありません。

もちろん返済がそれでなくなるわけですから、苦しい生活からは脱却できることでしょう。

ただし注意したいのが、個人再生をした際にブラックリストに載ってしまうことです。

これは、信用情報機関に事故情報が登録されること。ブラックリストに載っている段階では、いくら借金が完済できたといっても新しい借金はできませんし、クレジットカードの審査も通りません。

そのため、本当の意味で新しい人生がスタートできるのはブラックリストが消えてからということになるでしょう。

個人再生した場合、ブラックリストに載っている期間とはおよそ5~10年となります。

まずは借金返済、それが過ぎたらブラックリストが消えるのを目標にして生活しましょう。

のまとめ

研究
  • 個人再生すると借金が5分の1から10分の1まで減額できる
  • 個人再生は自己破産に比べて財産を残しやすい方法
  • 徳島で個人再生手続きを行える裁判所は徳島地方裁判所の本庁・阿南支部・美馬支部の3つ
  • 個人再生の手続きは非常に難しいので司法書士などの専門家に依頼するのが望ましい
  • 個人再生してブラックリストに載るの期間はおよそ5~10年

債務整理相談センター(徳島)へのアクセス

本店

〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地
徳島駅から徒歩8分

鴨島事務所

〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内
鴨島駅徒歩10分

海南事務所

〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F
阿波海南駅から徒歩5分

債務整理(任意整理)の無料相談実施中!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-062-019

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

債務整理相談センター(徳島)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-062-019

メニュー

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所ロゴ
お電話でのお問い合わせ
0120-062-019
メールでのお問い合わせ
住所

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅から徒歩10分!
〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来宇宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1階