徳島に3拠点!債務整理(任意整理)のことなら債務整理相談センター(徳島)へ!

債務整理相談センター(徳島)

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

徳島市内を中心に、県西部(鴨島事務所)・県南部(海南事務所)に支所を設けており、
徳島県全域で対応可能です。

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905 徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅徒歩10分!
〒776-0005 徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F

お電話での債務整理相談はこちら
0120-062-019
受付時間
平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

任意整理のデメリットとは?メリットと比較検証

弁護士とパラリーガル

「任意整理することにデメリットはあるの?」
「任意整理はメリットとデメリットのどちらが多いの?」

任意整理には多くのメリットがありますが、同時にデメリットもあります。

ただ、そのデメリットの大きさはそれぞれの状況によって異なります。

うまく対策できれば、それほど大きなデメリットにはならないケースもあるのです。

そこで、今回は任意整理のデメリットについて、メリットと比較検証しながらご紹介していきます。

債務整理無料相談バナー

任意整理にはどんなデメリットがあるの?

任意整理にはいくつかのデメリットがありますが、まずは中でも代表的なポイントをまとめていきます。

デメリットについてしっかりと理解することによって対策を打つこともできるはずです。

ブラックリストに載ることになる

任意整理に限らず、全ての債務整理に共通するデメリットですが、手続きを行うことで借金問題を解決できる代わりに、いわゆるブラックリストに載った状態になってしまうという点でしょう。

ブラックリストに載るとは具体的に信用情報機関に事故情報が登録されてしまうことと、任意整理を行ったお金を貸している側の会社の社内などのブラックリストに登録されてしまうことを指します。

信用情報機関は民間の機関であり、日本国内には5社あります。

国内で営業する金融業者や銀行、カード会社などはこれらに加盟していることから、情報が共有されてしまうのです。

このブラックリストに載った状態になると生活面でもいくつかの影響を受けることになります。

まず、新たな借入をしたりローンを組むことができなくなります。

キャッシングやカードローンはもちろんのこと、住宅ローンや自動車ローン、学資ローンなども利用できません。

さらに、新規にクレジットカードを作ることもできなくなります。

現在契約しているクレジットカードについては、整理対象から外すことで一時的に残すことはできますが、途上与信によって事故情報が確認された時点で利用できなくなったり、強制解約となる可能性が高いです。

また、借金の保証人になることもできません。

家族のローンの保証人や、子供の奨学金の保証人にもなれなくなってしまいます。

これが任意整理を行うことの最大のメリットです。

人によっては生活の形を少し変えなければならなくなってしまうかもしれません。

とはいえ、借金の返済が長期間にわたって滞った状態に陥っても信用情報に事故情報が登録されます。

信用情報機関に事故情報が登録される期間は任意整理の場合、借金の返済が終わってからおよそ5年間です。

そのため、返済が苦しい状態が続いており、すでにブラックリストに載っていたり、いずれ載ってしまう可能性が高いのであれば少しでも早く任意整理を行うことによって、より早くブラック状態から脱出できます。

借金の元本を大幅に減らすことはできない

債務整理でも個人再生であれば大幅に借金の額を減らせます。

また、自己破産の場合は借金の額をゼロにすることが可能です。

それに対して任意整理では借金の元本を大幅に減らすことができません。

将来利息のカットによって最終的な支払額を減らすことは可能ですが、借金そのものが減るわけではないのです。

ただし、例外として任意整理の過程で引き直し計算を行い、過払い金が発生している場合は大きく減額できる可能性があります。

そもそも任意整理ができないケースもある

任意整理は債務整理の中でも比較的簡単な手続きということもあって、誰でもできるものと考えられてしまいがちです。

しかし、すでにご紹介しました通り、借金がなくなるわけではなく、返済の義務があります。

そのため、継続して安定した収入がなければ任意整理は行えません。

極端な例になりますが、収入がまったくない状態では新しい返済計画を立てて、将来金利がカットされたとしても返済を続けることはできないでしょう。

また、安定した収入があっても借金の額があまりにも大きい場合は任意整理を行えません。

任意整理では手続き終了後、3~5年程度の期間で返済を終える必要があります。

例えば、借金が500万円あり、毎月返済が可能な額が5万円であった場合、年間で60万円の返済となりますので完済までに8年以上かかる計算になります。

お金を貸している側の合意があれば2年程度の延長ができるケースもありますがこの場合は任意整理による解決は難しいと言えます。

さらに、金融業者や銀行によっては基本的に任意整理には応じないという姿勢で営業しているというケースもあります。

任意整理はあくまで個人による交渉手続きですので、お金を貸している側には応じる義務はないのです。

そのため、相手側の事情や会社の姿勢によってはそもそも交渉のテーブルにつくことができない可能性もあるのです。

このように、任意整理はできないケースもありますので、自分で対策を決めてしまうのではなく司法書士などの法律の専門家に相談することが重要です。

任意整理のメリットとは?デメリットに対して多い?

上記の通り、任意整理にはいくつかのデメリットがあります。

これらの点ばかりを考えてしまうと、任意整理を行うことに対する不安を抱いてしまう人が多いかもしれません。

ですが、任意整理を行うことには多くのメリットがあります。

そこで、デメリットのみでなくメリットも理解した上でこれらを比較して検討することが大切なのです。

手続きを開始した時点で督促や取り立てがストップする

すでに借金の返済が滞っている場合、金融業者や銀行などから督促や取り立てを受けることになります。

今日では極端に厳しい取り立てが行われることはなくなりましたが、それでも借金が返済できていないという後ろめたい気持ちと相まって、精神的苦痛を感じることになるでしょう。

また、家族や職場などに知られてしまうのでは?といった不安を抱え、仕事も手に付かなくなってしまうという人も多いようです。

任意整理の場合、司法書士などの専門家に正式に依頼した時点で、お金を貸している側の業者や銀行などに受任通知という書類が送られます。

これが届いた時点で、本人に対する督促や取り立てなどはストップします。

もちろん、返済の義務がなくなるわけではありませんが、取り立てがストップすることは精神的に大きなメリットであるといえるでしょう。

返済の負担を減らすことができる

将来利息のカットができれば、最終的な返済額を減らすことができます。

また、返済計画を見直すことも可能ですので、毎月の返済額を大幅に減らせるケースも。

借金そのものがなくなるわけではありませんが、返済に対する負担が少なくなるという点は、任意整理を行うことの大きなメリットと言えるでしょう。

財産を残したまま債務整理ができる

任意整理と他の債務整理の手続きのもっとも大きな違いは持ち家や車などの財産を維持しやすいという点です。

例えば、自己破産の場合はすべての財産が換金されることになりますが、任意整理の場合、その義務はありません。

ローン中であっても同様です。任意整理の場合は整理する財産を選ぶことができます。なので、住宅ローンや自動車ローンを整理対象から除外することでローン中の持ち家や車なども維持することが可能です。

借金問題を解決したいものの、財産を手放したくないという方にとって任意整理はかなり有力な方法であると言えるでしょう。

仕事への影響がない

自己破産の場合、手続き中の期間は弁護士や司法書士、税理士や警備業者など一部の資格が制限されます。

これらの仕事に就いている人は、そのことを職場に伝え、業務内容を変更してもらうなどの必要が出てきます。

それに対して、任意整理の場合、資格制限は一切なく、仕事への影響はありません。

また、任意整理の手続きを行っても官報には掲載されません。

そのため、任意整理を行ったことを職場に知られてしまうようなこともないでしょう。

仕事への影響に不安を抱いている方にとっても、任意整理はメリットの多い手続きです。

司法書士などの専門家に依頼すれば自分で交渉する必要はない

任意整理はお金を貸している側と交渉することで借金の利息をカットし、長期分割弁済を可能にする手段です。

しかし、返済が滞っているような状況で相手と交渉することに不安を抱いている人も多いのではないでしょうか?

もちろん、任意整理は自分で行うこともできますが、司法書士などの専門家に依頼することによって、本人に代わって交渉してもらうことができるのです。

任意整理の場合、裁判所を介した手続きではありませんので、出頭する必要もなく、あらゆる手続きを司法書士に依頼することができます。

まとめ

研究
  • 任意整理を行うと信用情報機関に事故情報が登録され、新たな借入やクレジットカードの契約ができなくなるのが大きなデメリット
  • 任意整理は自己破産や個人再生のように借金の元本を大きく減額することはできない
  • 収入が不安定であったり、借金額が大きかったりする場合は、任意整理ができない場合がある
  • 任意整理には取り立てがストップする、仕事に影響しないといった多くのメリットもある

債務整理(任意整理)の無料相談実施中!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-062-019

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

債務整理相談センター(徳島)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-062-019

メニュー

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所ロゴ
お電話でのお問い合わせ
0120-062-019
メールでのお問い合わせ
住所

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅から徒歩10分!
〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来宇宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1階