徳島に3拠点!債務整理(任意整理)のことなら債務整理相談センター(徳島)へ!

債務整理相談センター(徳島)

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

徳島市内を中心に、県西部(鴨島事務所)・県南部(海南事務所)に支所を設けており、
徳島県全域で対応可能です。

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905 徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅徒歩10分!
〒776-0005 徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F

お電話での債務整理相談はこちら
0120-062-019
受付時間
平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

債務整理のデメリットとは?メリットと比較検証

弁護士とパラリーガル

「債務整理を行うと今まで通りの生活が送れなくなるのでは?」
「債務整理にはどんなデメリットがあるの?」

債務整理は借金問題を解決するための有効な手段のひとつです。

しかし、上記のような不安やネガティブなイメージが先行し、借金問題に苦しみながらも踏み出すことができないというケースも多いようです。

事実、債務整理には多くのメリットがある一方で、デメリットもないわけではありません。

そして、債務整理には4つの方法があり、それぞれメリットもデメリットも異なっています。

そこで、ここでは債務整理のデメリットについて詳しく解説すると共にメリットと比較検証してみましょう。

債務整理無料相談バナー

債務整理の種類によって異なるデメリット

前述の通り、債務整理には「任意整理」「特定調停」「個人再生」「自己破産」の4種類があります。

それぞれ手続きの流れやメリット、デメリットにも違いがあるのです。

もちろん、借金問題を解決するためにメリットに注目することは重要ですが、同時にデメリットも頭に入れておかなければ、手続きを開始した後に後悔することになったり、そもそも借金問題を解決できない可能性もあります。

そこで、それぞれの種類の債務整理のデメリットをメリットと比較しながら検証していきましょう。

任意整理のデメリット

債務整理を検討する際に、多くの人が最初に検討することになるのが任意整理です。

この方法は他の債務整理とは違い、裁判所を通さずに行う手続きです。

司法書士などの専門家を通して債権者と話し合いをして将来利息のカットや返済計画の組み直しすることになります。

比較的シンプルな方法で、借金問題を解決できるというメリットがあります。

整理する債権を選択することもできますので、携帯電話やスマホの分割払いやカーローンなどを除外することで現在使用している携帯電話やスマホや自家用車などを維持しながら借金問題を解決できるという点もメリットでしょう。

裁判所を通さないこともあり、デメリットは少ないと思われるかもしれませんが、いくつか注意しなければならないポイントがあります。

まず、専門家に依頼して受任通知を送られた時点で信用情報機関に事故情報が登録されます。

つまり、ブラックリストに載った状態になるのです。

任意整理の場合、5年間は事故情報が掲載され続けますので、新たな借入はできませんし、クレジットカードなどの契約もできなくなります。

続いて、債権者の合意を得られなければ借金問題の解決ができないという点もデメリットのひとつです。

任意整理の場合、債権者には話し合いに応じる義務はありません。

そのため、任意整理の手続きを行ったからといって100%解決できるとは限らないのです。

もちろん、債権者もこのまま債権を回収できない状態は望ましくありませんので、話し合いに応じてくれるケースが多いのも事実です。

この点については一度司法書士などの専門家に相談することで、解決できる可能性が高まります。

もっとも大きなデメリットは借金の額そのものを減らせるわけではないという点です。

将来分の利息をカットすることで最終的な支払額をある程度減らせますが、そのほとんどは返済しなければなりません。

任意整理の場合、合意後の返済期間は3~5年が一般的です。

額によってはそれ以上に延長されるケースもありますが、基本的にはこの期間内で返済できる額でなければ任意整理による解決は難しいでしょう。

特定調停のデメリット

続いては特定調停です。こちらも前述の任意整理と同様に債権者との話し合いによって将来利息のカットや返済計画の組み直しを行う方法です。

任意整理との最大の違いは裁判所を通した手続きになるという点です。

特定調停のメリットは比較的手続きが簡単なことから、自分で裁判所に申し立てを行うことも可能ですし、司法書士などの専門家に依頼する場合も負担は少ないことから、あまり費用がかからない点でしょう。

もちろん、特定調停にもいくつかのデメリットがあります。

任意整理と重なる部分としては、個人信用情報に事故情報が登録され、いわゆるブラックリストに入った状態になるという点や、債権者の合意を得られなければ借金問題の解決ができないという点が挙げられます。

特定調停ならではのデメリットとしては、裁判所を通した手続きですので合意後に返済が滞ると、ただちに差押えなどの強制執行を受ける可能性が高いという点です。

任意整理の場合、合意後であっても強制執行を行うためには裁判などの手続きが必要となります。

しかし、特定調停の場合は合意後の約束が守られなかった時点で強制執行を行うことができるのです。

個人再生のデメリット

個人再生は借金の額を大幅に減らすことができる方法です。

借金の額によっても異なりますが5分の1~10分の1まで減額することができます。

この点が大きなメリットと言えるでしょう。

また、住宅ローン特則という制度を利用することによって、住宅ローンは維持しながらその他の借金のみを整理することも可能です。

つまり、持ち家を失うことなく借金問題を解決できます。

このように、一見すると個人再生はメリットばかりの方法のように思えるかもしれません。

ですが、デメリットもあります。

ブラックリストに載ってしまうといった点は上記の任意整理や特定調停と同様です。

個人再生の場合、さらに返済能力についても審査されることになります。せっかく借金を減額しても返済できなければ意味がありません。

そのため、本当に再生計画に基づいた返済が可能なのかを裁判所によって審査されるのです。

つまり、十分な安定した収入がなければ個人再生は認められないことになります。

続いて、上記の通り住宅ローン特則によって持ち家は維持することができますが、ローン中の車は手放すことになる可能性があります。

自己破産のデメリット

自己破産は借金をゼロにすることができる方法です。

債務整理といえば、この自己破産を真っ先に思い浮かべる方が多いでしょう。

最大のメリットはやはり、借金がゼロになり、もう返済をする必要がなくなるという点です。

ですが、メリットが大きい分だけデメリットも多くなります。

まず、基本的に所有している財産を失うことになる可能性が高いという点です。

持ち家などの不動産や車なども現金化され、債権者に配当されることになります。

そのため、多くの財産を持っている方の場合デメリットは大きなものとなるでしょう。

債務整理を行うことで生活はどう変わる?どんなデメリットがある?

それぞれの債務整理のデメリットをメリットと比較してみましたが、具体的に生活にはどのような影響があるのかわからず、不安を抱いている人も多いようです。

そこで、ここからは債務整理を行うことによる生活面のデメリットについて解説していきましょう。

クレジットカードは作れなくなる?住宅ローンは組めない?

国を挙げてのキャッシュレス化が進められていることもあり、今日ではあらゆる場面でクレジットカードが使われるようになっています。

では、債務整理を行うとクレジットカードは作れなくなるのでしょうか?

基本的に、債務整理を行うと一定期間はクレジットカードを作るのは難しくなります。

いずれの方法でも信用情報機関に事故情報が登録されてしまいますので、審査を通過できなくなってしまうのです。

信用情報機関に掲載される期間は任意整理の場合は5年、そして個人再生や自己破産など官報に掲載される情報は10年間残されます。

この期間はクレジットカードを作ることが難しくなります。

住宅ローンやカーローンなどについても同様で、一定期間は新たな借入は難しいと考えるべきでしょう。

債務整理を行うと家族や保証人に迷惑をかけることになる?

債務整理を行うことで、家族や保証人に迷惑をかけてしまうのでは?と悩んでいる人も多いでしょう。

基本的に任意整理であれば家族や保証人に迷惑をかけることなく手続きを行うことができます。

保証人を立てている借金のみを除外して整理することができるためです。

また、住宅ローンやカーローンなども除外できるため、現在の生活を維持し、家族に影響がないように手続きを行うことができます。

一方で個人再生と自己破産の場合は家族や保証人に影響が及ぶ可能性があります。

個人再生の住宅ローン特則を利用した場合を除いて、すべての借金が整理の対象となるため、保証人を立てた借金があれば保証人が請求されることになります。

会社に債務整理を行っていることは知られてしまう?

サラリーマンとして働いている場合、会社に債務整理を行っていることを知られたくないと考える人も多いでしょう。

まず、任意整理や特定調停の場合、会社はもちろんのこと、家族にも知られずに手続きを行うことが可能です。

それに対して個人再生や自己破産の場合は国が発行するである官報に掲載されることになりますので、会社や家族、知人などに知られてしまう可能性はあります。

もちろん、官報は誰でも見ることができますが、特定の分野の人しか細かくチェックすることはありませんので、絶対に会社に知られてしまうというわけではありませんが、可能性はゼロではありません。

まとめ

研究
  • 債務整理には4つの方法があり、デメリットはそれぞれ異なる
  • 債務整理の方法を問わず、ブラックリストに入ることになるため一定期間はクレジットカードや住宅ローンは契約できなくなる可能性が高い
  • 個人再生や自己破産の場合は同居している家族の協力が必要になったり、官報に掲載されることで会社や家族などに知られる可能性がある
  • 個人再生や自己破産の場合、保証人に対して債権者から請求がいく可能性がある

債務整理(任意整理)の無料相談実施中!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-062-019

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

債務整理相談センター(徳島)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-062-019

メニュー

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所ロゴ
お電話でのお問い合わせ
0120-062-019
メールでのお問い合わせ
住所

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅から徒歩10分!
〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来宇宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1階