徳島に3拠点!債務整理(任意整理)のことなら債務整理相談センター(徳島)へ!

債務整理相談センター(徳島)

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

徳島市内を中心に、県西部(鴨島事務所)・県南部(海南事務所)に支所を設けており、
徳島県全域で対応可能です。

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905 徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅徒歩10分!
〒776-0005 徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F

お電話での債務整理相談はこちら
0120-062-019
受付時間
平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

自己破産と個人再生の違いは?選び方を解説

弁護士とパラリーガル

「自己破産と個人再生の違いが分からない」
「どの債務整理を行えばいいのか迷っている」

自己破産と個人再生は、いずれも借金の元本を大きく減らせる債務整理の方法です。

借金額が多い方や、月々の返済が現状のままだと苦しいという方におすすめです。

ただし、それぞれには異なるメリット・デメリットがあるため、ご自身の状況に応じて適切なものを選ばなくてはなりません。

そこで、今回は自己破産と個人再生の違いや、選び方についてご紹介しましょう。

債務整理無料相談バナー

自己破産と個人再生それぞれの特徴・メリット・デメリット

債務整理と言っても、具体的にどういった手続きを行うのか、結果的にどうなるのかわからないため、不安で踏み出すことができないという人も多いようです。

しかし、放置していると借金問題はどんどん悪化してしまう一方となります。

最終的には司法書士などの専門家に相談するのがベストですが、ここではまず自己破産と個人再生のメリット・デメリットを比較しながらご紹介します。

自己破産の特徴とメリット

自己破産は裁判所による手続きで、借金の額をゼロにすることができます。

自己破産が認められれば、個人再生とは違い、その後は返済する必要がなくなります。

なお、裁判所を介した手続きで、自分で申し立てをすることもできますが、用意・作成しなければならない書類も多く、それほど簡単な手続きではありませんので司法書士などの専門家に依頼した方がスムーズでしょう。

自己破産のメリットはやはり借金を完全に無くすことができるという点です。

他の債務整理の手続きでは、借金を減額することはできますが、ゼロにできるのは自己破産のみです。

手続き後に返済する必要がありますので収入などの要件もありません。

つまり、収入がまったくない状態でも行うことができるという点もメリットでしょう。

個人再生の特徴とメリット

個人再生は、借金の額を5分の1から10分の1まで減らすことができます。

自己破産と同様に、裁判所を介した手続きを行います。

なお、自分で手続きを行うことも可能ですが、やはり簡単な手続きではありませんので、司法書士などの専門家に依頼するのがおすすめです。

ちなみに、自己破産と異なり個人再生には“免責不許可事由がない”という点もメリットに挙げられます。

そのため、要件を満たしていれば再生計画が許可される可能性が高くなります。

なお、自己破産と比較した場合、個人再生は住宅ローン特則という制度を利用することによって、ローン支払い中の持ち家を維持することができるという点も大きなメリットです。

自己破産のようにローン中の自宅を手放す必要がなくなるため、現在の住まいでの暮らしを維持したいという場合におすすめです。

ただし、ローン支払い済みの不動産については、一部の例外を除いて基本的には売却し弁済に充てることになります。

そのほか、個人再生では自己破産のように資格・職務に制限が加わることはありません。

一部の士業、公務員の委員長や委員、団体企業役員といった職に就く人が債務整理をする際におすすめです。

自己破産のデメリット

自己破産の最大のデメリットは残せる財産に制限がかるという点です。

不動産などの財産を所有している場合、現金化されて返済に充てられることになります。

個人再生のように、住宅ローン特則を利用してローン中の自宅を残すといったことはできません。

また、自己破産には免責不許可事由というものが定められています。

これは、パチンコや競馬などのギャンブルをはじめ、FXや株などの投資で借金をしてしまった場合や、浪費行為で借金をしてしまった場合に、免責が不許可になるというもの。

個人再生にはない、大きなデメリットです。

さらに注意しなければならないのが、手続き中は一部の資格・職務が制限されるという点です。

一部の士業、公務員の委員長や委員、団体企業役員といった仕事に就いている方は業務への影響を受ける可能性があります。

個人再生のデメリット

自己破産と比べた場合、個人再生は“借金をゼロにできない”という点がデメリットとして挙げられます。

前述のとおり、個人再生は借入の元本を5分の1から10分の1まで減額できる手続きです

残債については3〜5年かけて返済の必要があるため、裁判所によって返済能力が審査されます。

十分な返済能力がないと判断されると、個人再生は認められません。

自己破産と個人再生はどんな人におすすめ?選び方は?

上記の通り、自己破産と個人再生は借金がゼロになったり、大幅に減額することができるという大きなメリットがあります。

しかし、その一方でデメリットも決して小さくはありません。

そのため、選択には慎重になる必要があります。

そこで、ここでは自己破産と個人再生はどんな人におすすめなのかを解説しましょう。

自己破産はどんな人におすすめ?

自己破産は借金をゼロにすることができるため、まず返済が完全に不可能な状態になった人にとっては唯一の手段となります。

そのため、借金の額に対して収入が少ない、あるいは収入がなくなってしまったという方にもおすすめの手続きと言えるでしょう。

自己破産のデメリットとしては、すでにご紹介した通り、財産を失ってしまうという点が挙げられます。

しかし、不動産などの財産を所有していない方の場合、このデメリットはほとんどありません。

また、財産がない場合は手続きも簡単になり、費用もあまりかかりません。

そのため、所有している財産がほとんどないという方の場合、デメリットが少なく、メリットが多い方法となるでしょう。

他の債務整理の手続きが行えない場合も自己破産であれば行えるケースがあります。

収入の関係などで個人再生や任意整理などが難しい場合は有力な選択肢になります。

個人再生はどんな人におすすめ?

続いて個人再生は、借金の額が多いものの5分の1から10分の1に減額することで返済が可能な方にとって有力な手段です。

また、住宅ローン特則という制度を利用できますので、ローン中の持ち家を維持しながら債務整理を行いたいという方におすすめです。

住宅などの不動産以外でも個人再生であれば必ずしも財産を処分しなくてよいとされています。

そのため、できるだけ財産を手放さずに借金問題を解決したいという方にとってもメリットの多い手続きとなっています。

整理する借金を選択できる任意整理では解決が難しい人の場合、次に検討することになるのが個人再生です。

他の方法での借金問題の解決が難しい場合も、個人再生であれば行えるというケースもありますので検討してみましょう。

まとめ

研究
  • 自己破産は借金をゼロにできるが、個人再生では元本が残り返済が必要になる
  • 個人再生ではローン中の自宅を残せるが、自己破産では失うことになる
  • 自己破産は免責が不許可になる場合があるが、個人再生では認められる可能性が高い
  • 自己破産を行うと資格・職務に影響が出る場合があるが、個人再生の場合は原則影響はない
  • 借金の返済が困難な人には自己破産がおすすめ
  • ローン中の自宅を残しつつ、借金の元本を減らして返済を続けたい人には個人再生がおすすめ

債務整理(任意整理)の無料相談実施中!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-062-019

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

債務整理相談センター(徳島)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-062-019

メニュー

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所ロゴ
お電話でのお問い合わせ
0120-062-019
メールでのお問い合わせ
住所

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅から徒歩10分!
〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来宇宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1階