徳島に3拠点!債務整理(任意整理)のことなら債務整理相談センター(徳島)へ!

債務整理相談センター(徳島)

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

徳島市内を中心に、県西部(鴨島事務所)・県南部(海南事務所)に支所を設けており、
徳島県全域で対応可能です。

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905 徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅徒歩10分!
〒776-0005 徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F

お電話での債務整理相談はこちら
0120-062-019
受付時間
平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

債務整理の受任通知とは?受任通知送付で取り立てはすぐに止まるの?

弁護士とパラリーガル

「債務整理で送られる受任通知とはどんなもの?送られるタイミングは?」
「受任通知が送られれば取り立てはストップする?」

債務整理は借金問題を解決するための手段のひとつです。

借金の返済が滞るようになると、厳しい取り立てや督促を受けることになります。

債務整理の手続きを開始することで、そんな取り立てや督促はストップします。

そこでポイントとなるのが受任通知です。

受任通知は簡単に説明すると司法書士などの専門家に代理人を依頼したことを銀行や金融業者に伝える書面にあたります。

そこで、今回は受任通知とはどういったものなのか、そして送られるタイミングや、取り立てや督促がストップする仕組みなどについてご紹介します。

債務整理無料相談バナー

債務整理の受任通知とは?督促や取り立てはいつ止まる?

いきなり受任通知と言われても、どういったものなのかイメージすらできないという人も多いでしょう。

そこで、まずは受任通知とはどういった意味を持つものなのか、そしてどのくらいの期間で債権者に届けられるのかを解説します。

受任通知とは?

そもそも、受任通知とはどんなものなのでしょう?

簡単に言ってしまうと、これは債権者に対して司法書士などの専門家が依頼を受けた旨を通知する文書です。

この通知によって債務整理がスタートされ、その手続きが完了するまでの間は返済もストップしますし、督促や取り立てもできなくなります。

法的には貸金業法21条1項に定められており、債権者は受任通知を受け取ったにもかかわらず取り立てを続けてしまうと2年以下の懲役または300万円以下の罰金が科せられます。

受任通知が発送されただけで、借金問題が解決されるわけではありません。

ですが、前述の通り一時的に返済、督促や取り立てもストップしますので冷静に今後の生活の再建や返済に向けての計画を立てることができるのです。

受任通知はいつ送られる?

すでに借金の返済が滞り、厳しい取り立てや督促に悩んでいる場合、気になるのは受任通知がいつ送られるかという点でしょう。

債務整理は、司法書士などの専門家に相談することからはじまります。

そこで、債務整理の方針を決定し、正式に委任契約を結ぶことになります。

この契約を結んだ段階で、各金融機関などの債権者に対して受任通知が送られます。

債務整理にはいくつかの種類がありますが、借金の額や現在の収入などの状況をしっかりと整理できていれば方針の決定にはそれほど時間はかかりません。

最初の相談から数日で委任契約を結び、すぐに受任通知発送の手続きへとすすむことも可能です。

一般的には委任契約から1週間程度で受任通知が送られ、督促や取り立てはストップします。

債務整理と受任通知について知っておきたいこと

上記の通り、受任通知は間に司法書士などの専門家を立てて債務整理を行うことを債権者に伝えるためのものです。

これによって督促や取り立て、そして返済もストップしますが、それ以外にもいくつかの知っておくべきことがあります。

銀行口座が凍結される可能性がある

銀行から借り入れをしている場合、当然銀行にも受任通知が送られます。

この場合、その銀行の預金口座が凍結されてしまう可能性があります。

もし、給与の振り込みや公共料金などの引き落としに使っている口座が凍結されてしまうと生活に支障が出る可能性があります。

事前に口座変更の手続きなどを行っておくようにしましょう。

なお、任意整理や特定調停の場合は自分で整理する契約を選択可能です。

口座凍結を防ぎたい場合は、任意整理や特定調停を選び、銀行からの借金を除外することで今後も使い続けられる可能性あります。

保証人が請求される可能性がある

借入額が大きい場合、保証人を立てているケースもあるでしょう。

この場合、受任通知が送られ、債務整理がスタートした段階で保証人が請求を受ける可能性があります。

金融機関によって違いはありますが、保証人を立てている場合、事前に相談すべきです。

こちらの点についても、任意整理や特定調停の場合、保証人を立てている借金を除外できます。

一方で、個人再生や自己破産の場合は整理対象を選ぶことができませんので、保証人が請求を受ける可能性が高くなります。

信用情報機関に登録される

借金について悩んでいる方の多くが「ブラックリスト」という言葉を耳にしたことがあるでしょう。

一般的にこのブラックリストに入るとは信用情報機関に金融事故や債務整理などの情報が登録されることを指します。

まだ債務整理の手続きが完了していなくても、受任通知が金融機関に届いた段階で信用情報機関に事故情報として登録されます。

すると、一定期間は新たな借入や、クレジットカードの入会などが制限される可能性があります。

債務整理を検討している段階で、新たな借入をしようと考える方はあまりいらっしゃらないかもしれませんが、頭に入れておくべきポイントでしょう。

介入通知との違いは?

債務整理の開始に関する通知として、介入通知という言葉を耳にすることがあります。

受任通知とはどう違うの?と疑問を抱いている方も多いかもしれません。

これは、呼び方が違うだけで、受任通知と同じ意味です。

その他にも債務整理開始通知と呼ばれることもあります。

いずれにしても、今回ご紹介した受任通知と同じ効力があります。

まとめ

研究
  • 受任通知とは司法書士などの代理人に依頼し債務整理を行うことを銀行や金融機関などに伝える書面
  • 受任通知が送られると一時的に借金の返済、督促や取り立てがストップする。
  • 自己破産や個人再生の場合、銀行口座の凍結や保証人へが請求されることになり、信用情報機関に事故情報が登録されるといった注意点がある。
  • 介入通知や債務整理開始通知と呼ばれることがあるものの、効力は同じ。

債務整理(任意整理)の無料相談実施中!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-062-019

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

債務整理相談センター(徳島)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-062-019

メニュー

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所ロゴ
お電話でのお問い合わせ
0120-062-019
メールでのお問い合わせ
住所

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅から徒歩10分!
〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来宇宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1階