徳島に3拠点!債務整理(任意整理)のことなら債務整理相談センター(徳島)へ!

債務整理相談センター(徳島)

運営:司法書士法人小笠原合同事務所

徳島市内を中心に、県西部(鴨島事務所)・県南部(海南事務所)に支所を設けており、
徳島県全域で対応可能です。

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905 徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅徒歩10分!
〒776-0005 徳島県吉野川市鴨島町喜来字宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203 徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1F

お電話での債務整理相談はこちら
0120-062-019
受付時間
平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日
日曜・祝日
※ご予約いただければ上記以外の日時も対応可能です。

メールでのご相談は24時間お気軽にどうぞ!

●取扱い業務:債務整理(任意整理・個人再生・自己破産・過払い金請求)

債務整理と過払い金請求の違いは何?

弁護士とパラリーガル

「過払い金請求って何?」
「債務整理と過払い金請求の違いは?」

借金問題で悩んでいる人の多くが、過払い金請求や債務整理といった言葉を耳にするかと思います。

確かに、いずれも借金問題と大きく関連していますが、その意味はわからないという人も多いでしょう。

債務整理と過払い金請求はそれぞれ別の目的を持った手続きではありますが、重なる部分もあります。

そこで、ここでは債務整理と過払い金請求それぞれの意味や、違い、そして関連性などについても解説していきます。

債務整理無料相談バナー

債務整理と過払い金請求の違いは?

借金はしっかりと返済できていれば問題ありませんが、返済が苦しくなったり、滞るようになると非常に深刻な問題となってしまいます。

毎日のように督促の手紙や取り立ての電話がかかってくるようになるというケースも少なくありません。

債務整理は自分で解決が難しくなった借金問題を解決するための手続きです。

そして、このような借金問題には過払い金請求が関連するケースも少なくありません。

そのため、混同されてしまうことが多いのです。そこで、まずはそれぞれの目的の違いに注目して解説していきましょう。

債務整理の目的とは?

債務整理の目的は返済が難しくなったり、すでに払えなくなってしまった借金を整理することを目的としています。

債務整理には4つの種類があります。ひとつ目が任意整理で、これはお金を貸している側との交渉によって借金問題の解決を図る手段です。

大幅に借金を減額することはできませんが、将来利息をカットしたり返済期間を延長することによって返済を楽にすることができます。

続いて、特定調停は裁判所を介してお金を貸している側と交渉する手段です。

こちらも任意整理と同様に大きく借金を減らすことはできませんが、返済プランの立て直しによって、毎月の返済額を減らすといった効果が期待できます。

3つ目は個人再生です。上記の2つの手続きとは違って大幅に借金を減らすことが可能です。

具体的には5分の1から10分の1まで借金を減らせますので、任意整理や特定調停では解決が難しい額の借金にも対応できるという特徴があります。

最後が自己破産です。こちらは所有している財産を失う代わりに借金の額をゼロにすることができる手続きになります。

メリットが大きい代わりに、デメリットも大きく、また収入がほとんどない方であっても行える手続きのため、債務整理における最後の手段とも言えます。

このように、債務整理にはいくつかの手続きがありますが、いずれも借金問題を解決することを目的としています。

現在借金問題に苦しんでいるのであれば、まずは債務整理を検討することになるでしょう。

過払い金請求の目的とは?

一方で過払い金請求は「過去に払いすぎていた利息」の返還を求めることが目的です。

払いすぎていた利息と言っても、あまりピンと来ない人が多いかもしれません。

そこで、まずはどうして利息を払いすぎてしまうという事態が起こっていたのかを解説します。

そもそも過払い金の原因となったのは「利息制限法」と「出資法」という2つの法律の間で上限金利に差があったことです。

利息制限法における上限金利は最大で20%であったのに対して、出資法では29.2%に定められていました。

そのため、消費者金融などの多くが20~29.2%の高金利を採用していたのです。

この金利は利息制限法を違反していますが、出資法の範囲内ということもあり「グレーゾーン金利」と呼ばれています。

さらに、一定の条件を満たすことで、利息制限法の上限を超えた利息が有効となる「みなし弁済」という規定あり、多くの金融業者がグレーゾーン金利での貸し付けを行っていたのです。

そんな状況が変わったのは2006年のこと。最高裁で前述の「みなし弁済」の適用を否定する判決が出されたのです。

さらに、2010年には貸金業法や出資法が改正されたことによってみなし弁済やグレーゾーン金利は消滅しました。

法改正がされたのは2010年ですが、最高裁による判断がきっかけで多くの消費者金融などが2007年頃には利息を改定しました。

そのため、それ以前に借入をして、返済を行った場合に過払い金が発生している可能性があります。

このように余計に支払っていた利息の返還を金融業者に対して求めるための手続きが過払い金請求なのです。

過払い金が発生する条件とは?

続いては過払い金が発生する条件を確認していきましょう。

前述の通り、グレーゾーン金利での貸し付けが行われていたのは2008年以前です。

そのため、この時期に借入をして返済していた場合、過払い金が発生している可能性が高くなります。

ただ、ここで注意しなければならないのが最終返済日です。

過払い金請求権には消滅時効があります。

その期間は取引の終了、つまり最後の返済から10年間です。

例えば、2019年11月の時点では2009年10月以降に最後の支払いがあれば過払い金請求ができる可能性があります。

グレーゾーン金利が消滅してからすでに10年以上が経過していることもあり、すでに過払い金請求権が消滅しているケースも少なくありません。

そのため、過払い金が発生している可能性がある場合は、取引をしていた消費者金融などから取引履歴を取り寄せて、一刻も早く司法書士などの専門家に相談する必要があります。

債務整理と過払い金請求の関係とは?

上記の通り、債務整理と過払い金請求には異なった目的があります。しかし、同様に借金に関係する手続きですので、繋がるケースも。

そこで、ここでは債務整理と過払い金請求が重なるケースについて解説します。

債務整理の過程で過払い金の発生が判明するケース

債務整理を行う中で、借金の額を確定するために引き直し計算というものが行われます。

これは、適正な金利で計算を行うことで本来の借金の額を算出するためのものです。

そこで、過払い金が発生していることが判明するケースがあります。

この場合、その手続きと同時に過払い金請求の手続きを行い、返還されたお金をそのまま返済に充てることがあるのです。

借入や過去に返済を行った時期などによって、過払い金が発生することが明らかである場合は、借金の額を減らすための手段として過払い金請求が行われるケースもあります。

債務整理と過払い金請求にデメリットはある?

上記の通り、債務整理や過払い金請求にはそれぞれ目的があり、手続きを行うことによって多くのメリットがあります。

では、逆に債務整理や過払い金請求にデメリットはあるのでしょうか?それぞれ分けてご紹介します。

債務整理のデメリット

債務整理を行うことで、借金問題を解決することができます。

ですが、一方でいくつかのデメリットもあります。

まず、すべての債務整理の手続きに共通しているのが信用情報機関に事故情報が登録されてしまうという点です。

いわゆるブラックリストに載った状態となってしまいます。

結果として、新たな借入やローンなどが利用できなくなってしまうのです。

さらに、クレジットカードの契約などもできなくなってしまいます。

さらに、家族などの借金の保証人にもなることができなくなってしまうという点にも注意が必要です。

さらに、自己破産の場合は財産を失ってしまうことになります。

基本的に評価額が20万円以上の不動産や車などはすべて換金され返済に充てられることになります。

自己破産においては、弁護士や司法書士などの一部の資格が制限されてしまう点もデメリットです。

このように、債務整理にはいくつかのデメリットがあります。

しかし、借金問題をそのまま放置しているといくつもの問題を抱えたまま生活を送ることになるでしょう。

さらに、返済が滞り続けてしまうと、結局はブラックリスト状態になってしまいます。

そのため、借金問題で苦しんでいるのであれば、できるだけ早い段階で司法書士などの専門家に相談した上で、債務整理を行った方が得策であると言えるでしょう。

過払い金請求のデメリットは?

では、過払い金請求にデメリットはあるのでしょうか?

過払い請求を行ったとしても、現在では信用情報に影響することはありません。

あくまで、グレーゾーン金利によって過去に払いすぎていた利息の返還を請求するのみですので、債務整理などの金融事故として扱われることはないのです。

ただし、先ほどもご紹介しました通り、過払い金請求権には消滅時効があります。

グレーゾーン金利が消滅してからすでにかなりの時間が経過していることもあり、多くの過払い金の請求期限が迫っています。

そのため、借入や返済をしていた時期などから過払い金が発生している可能性が高い方はできるだけ早く手続きを行う必要があります。

多くの法律事務所などで過払い金に関する相談を受け付けていますので、自分だけで判断するのではなく、司法書士などの専門家に相談して手続きを行うようにしましょう。

まとめ

研究
  • 債務整理と過払い金請求は目的が異なる
  • 債務整理は返済が難しくなった借金問題を解決することが目的
  • 過払い金請求は過去のグレーゾーン金利によって、払い過ぎていた利息の返還を求めることが目的
  • 債務整理には信用情報機関への事故情報の登録をはじめとしたいくつかのデメリットがある
  • 過払い金請求を行っても信用情報などへの影響はなくデメリットはないが、請求権には10年間の期限がある

債務整理(任意整理)の無料相談実施中!

弁護士法人リーセットのスタッフ

お電話での無料相談はこちら

0120-062-019

債務整理についてのご相談や任意整理の診断は、お電話またはメールにて無料で行っております。

メールでのご相談は24時間受け付けておりますので、まずはお気軽にご連絡ください。

受付時間:平日9:00~18:00、土曜9:00~17:00
定休日:日曜・祝日
ご予約いただければ日曜・祝日・上記時間外も対応可能です。

債務整理相談センター(徳島)

カードの返済に頭を抱える男性

債務整理の無料相談はこちら
(任意整理・個人再生・自己破産)

0120-062-019

メニュー

司法書士法人小笠原合同事務所

司法書士法人小笠原合同事務所ロゴ
お電話でのお問い合わせ
0120-062-019
メールでのお問い合わせ
住所

本店 ※徳島駅から徒歩8分!
〒770-0905
徳島県徳島市東大工町一丁目19番地

鴨島事務所 ※鴨島駅から徒歩10分!
〒776-0005
徳島県吉野川市鴨島町喜来宇宮北485番地1 税理士法人アクシス 川人税理士事務所内

海南事務所 ※阿波海南駅から徒歩5分!
〒775-0203
徳島県海部郡海陽町大里字尾ノ鼻36番地2 1階